なにわエコスタイル

ロゴの説明

リポートの新着一覧です
一覧を表示
日時:2017/02/12 日曜日
鶴見区

自然体験観察園で麦踏みとジャガイモの植え付けをしました。気温が低く、池の水は日陰の部分が少し凍っていましたが、良いお天気で最適な麦踏み日和になりました。
今回はツルグレン法で生き物をつかまえました。
あいにくのお天気でしたが、雨にも負けず、調査しました。
今回は靭公園で調査をしました。雨が降ったり止んだりの寒い一日でしたが、都市の真ん中の公園でたくさんの生き物に出会えました。
日時:2017/01/14 土曜日
鶴見区

寒いけれど、観察には絶好の良いお天気で、鳥たちは気持ちよさそうに池に集まっていました。今回は35種類の鳥を観察することができました。
今回のテーマは「植物をスライス、透かしてみたら…葉や茎、根を輪切りに!詳しく調べよう。」顕微鏡を使って、ミクロの世界をのぞきました。
晩秋、初冬の自然体験観察園に生きる植物や動物を観察しました。雲一つない晴天で風もなく、観察するには素晴らしい日になりました。
日時:2016/09/23 金曜日
福島区
図書館-de-ECO

身近な天然素材で、手軽にエコなライフスタイルを!身近な天然素材をムダなく再生利用し、手軽にエコなライフスタイルをお楽しみいただけることが、きっと実感できたことでしょう。
鮮やかなバルーンの組み立てに、感嘆の声しきり。特に、話題のキャラクターをあしらったバルーンは子どもたちに大人気。
子どもそっちのけでアクリルたわし作りに夢中になる若いお母さん、たわし作りが楽しくて何度もブースを訪れるヘビーリピーターの子どもたち・・・。雨にも負けず、ひたすらアクリルたわし。
生活者目線で、エコライフを考えよう。日常生活での家電を使った生活者目線での実践的省エネ・節電方法など、さまざまな具体的な話を聴くことができました。
アクリルたわしに大満足。一つで満足できず、思わず二つめ、三つめと、いろいろな色味のアクリルたわし作りに挑戦する参加者も現れ、大好評のイベントとなりました。
指編み、少し難しかったかな?初めての指編みが難しかったせいか、微笑ましいイベントとなりました。
日時:2016/08/25 木曜日
此花区
図書館-de-ECO

身近で意外な発電に、参加者は新鮮な驚きを!講師の熱心な指導のもと、講座がワークショップ形式で進行されたことも手伝い、参加者からは積極的な質問がなされるなど、熱を帯びた講座となりました。
日時:2016/08/24 水曜日
大正区
図書館-de-ECO

参加者もエコボラさんも一体となって、アクリルたわし。最初は慣れなかった参加者も、次第に要領を体得し、最後には全員無事順調に仕上げることができました。
創意工夫で、独創的作品づくり。子どもたちは、大人が想像もしないような創意工夫を発揮して、独創的な作品作づくりに没頭。あっという間の熱気にあふれた2時間でした。
日時:2016/08/21 日曜日
大正区

子どもたち、エコ工作に夢中。日頃工作にあまり慣れ親しんでいない子どもたちが、この時ばかりは別人のように楽しそうに、カエルや笛作りに集中していました。
大収穫に、子供たち思わず大興奮!近隣の田中小学校「いきいき学級」の2~6年生児童29人を対象に、八幡屋公園で恒例の港区役所主催サイエンスカフェ「夏の虫をさがそう!」が開催されました。
大阪城公園で、たくさんの生き物に出会えました。ゴマダラチョウの幼虫探しも。
クリスマスもいよいよ間近となった12月18日(日)、なにわエコスクエア1階研修室で、脱穀した後の稲わらを使ってリースを作りました。
日時:2016/10/01 土曜日 2016年10月01日 土曜日 ~ 12月10日 土曜日
北区, 鶴見区, 西区

環境について「知り」、環境マインドを身につけ、周りの人に「伝えて」、「行動」することをモットーとする10回連続講座、市民環境大学。「真に豊かな社会」を子どもたちに残すために、「都市環境保全」「地球温暖化」「エネルギー」「生物多様性」「循環型社会」について学びました。
今回のエコ工作は、イベントにひっぱりだこの「なにわエコクラブ」さんです。お題目は、毎回人気の「紙笛(ホイッスル)」「はねかえる」「エコキュービック」。ブースには工作大好きな子どもたちがひっきりなしに集いました。
鶴見区環境学習講座の3回連続編、早くも3回目を迎えました。紙パックから大変身、綺麗な小物入れができました。
鶴見区環境学習講座2回目です。生き生きと手を動かしながら、同じ机をかこみながら楽しく作ることができました。色とりどりの作品ができあがりました。
自然体験観察園で育ったサトウキビを収穫し、サトウキビからお砂糖を作りました。
定番の包み方だけでなく、お洒落な手提げバッグや、防災にも役立つ即席リュックサック、衣服にまで変化する様子に、参加者からは驚きの歓声がわきあがっていました。
牛乳パックの再利用で、下書きされた蛙の絵に子供たちが思い思いに色を塗り、輪ゴムを使って蛙飛びをしたり、講師に教えてもらいながら紙笛を作成したりするなど、子供たちが生き生きと工作に取り組む姿が微笑ましく、お母さん方も一緒になって喜んでおられました。
日時:2016/11/19 土曜日 2016年11月19日 土曜日 ~ 20日 日曜日
住吉区

長居公園にある大阪市立自然史博物館にて、大阪自然史フェスティバル2016が開催されました。大阪市環境局からは、主に大阪市エコボランティアが取り組んでいる自然体験観察園での生き物調査などの紹介をしました。
今回は地下鉄コスモスクエア駅から、もと南港野鳥園までを調査しました。あいにくのお天気でしたが、もと南港野鳥園ではオオタカやチュウヒの姿も見られ、充実した調査となりました。
秋の「なにわの伝統野菜講座」はいよいよ最終回。9月に種まきをした野菜たちは、大きく育ちました。当日はまさかの雨降りでしたが、家族連れの方を中心に、多くの皆さんが集まられました。