なにわエコスタイル

リポートの新着一覧です
一覧を表示
1.jpg
日時:2017/05/26 金曜日 13:30~15:00
鶴見区
環境マインドを育てる連続講座

家庭でのエコライフ推進に役立つ情報を全10回講座で発信していきます。今回は第1回目についてレポートします。
3511.JPG
日時:2017/05/20 土曜日
鶴見区
自然体験観察園

5月としては珍しく30度を超す猛暑のなか、「綿づくり連続講座」の第1回目がスタート。
3456.JPG
日時:2017/05/14 日曜日
西淀川区
地域での環境学習

当日は、晴天の夏日となった絶好のイベント日和。会場が西淀川区役所前の歌島橋バスターミナル跡地という利便性の良さも手伝ってか、イベントスタートと同時に当「アクリルたわし」ブースは参加者で満杯の大入り盛況状態となりました。
c8af326c51309dd0e70202a82eaa683e.JPG
当日は桜の花吹雪が舞い、少し汗ばむほどの絶好の調査日よりでした。
今年度最後の講座には、たくさんの親子連れが参加してくださいました。雨の予報で心配していましたが、屋外で活動した午前中は晴れてあたたかく、絶好の池さらい日和となりました。
十三駅から西中島南方駅まで、淀川沿いを歩きました。春を感じる暖かい風の中、たくさんの水辺の生き物に出会えました。
昨年6月に田植えをして、大切に育てた稲。たくさんの実をつけ、みんなで収穫と脱穀をしました。最後に残った稲わらを使って、「馬」と「亀」を作って楽しみました。
日時:2017/03/04 土曜日
鶴見区

今年度最終回の鳥探しには、これまでで一番多くの方が参加してくださいました。非常に珍しいハチジョウツグミを見ることができました。
エコボランティアの皆さんが講師役となって、一人につき2~3名の参加者と一緒に工作(箱づくり)を行いながら、エコライフへの啓発を促しました。
参加できなかった皆さんの分まで学んで帰ろうと、参加者からの真剣なまなざしや熱意がいつも以上に伝わってきました。
日時:2016/09/03 土曜日
旭区
図書館 de ECO

牛乳パックを使ったリサイクル工作での食器づくり。折り紙感覚で簡単に作れることもあって、子どもたちがたくさん駆けつけてくれました。
平日昼間の開催ともあって、おじいちゃんやおばあちゃんに連れられたお子さんの参加が目立ちました。エコボランティアの皆さんたちと一緒に、エコライフの楽しい談話で場が華やぎました。
日時:2016/11/26 土曜日
旭区
図書館 de ECO

参加者の皆さんに本講座をとっても心待ちしていただいていたようで、講師役のエコボランティアさんも大喜び!
これまでは当たり前のように“ある”と感じていた『電気』の手回し発電器を使って電気を起こしてみると、わずか豆電球でも大変労力がいることを実感したと、多くの参加者の皆さんから感想をいただきました。
暑い夏にぴったりのおもちゃ、牛乳パック製の手づくり船にチャレンジしてもらいました。
普段めったに使うことのなくなった風呂敷に込められた先人の知恵を、改めて見直す良い機会となりました。
講師陣に準備いただいたチョウの鱗粉、花粉、参加者が持参したコケを中心とした観察を行い、全員で顕微鏡の向こう側のミクロの世界の美しさ、驚き、不思議さなどを堪能。
普段なかなか見る機会のないミクロの世界の不思議や驚きに接し、感嘆の声をあげながら、親子で非日常の世界に没頭していました。
日時:2017/03/09 木曜日
東住吉区

社会福祉法人 大阪新生福祉会の協力のもと、大阪市南部の民間保育園所属の保育士の皆さん29名に向けた出前講座が長居公園で開催されました。
日時:2017/03/07 火曜日
東淀川区

宗教法人 徳蔵寺の協力のもと、大阪市北部の民間保育園所属の保育士の皆さん15名に向けた出前講座が徳蔵寺保育園で開催されました。
日時:2017/02/26 日曜日
住吉区

これまで全国で数多くの実績をもつ立命館大学客員教授・高田昇先生を招き、住民参画型の“魅力あるまちづくり”の意味・意義、魅力について、事例を踏まえながら講演していただきました。
日時:2017/02/23 木曜日
旭区

大阪市域の保育所の保育士の皆さん22名にお集まりいただき、旭区の生江保育所で5才児19名を対象とした公開保育出前講座を実施しました。
「和風エコ小物入れ」は、きれいで実用的だととても人気が高く、また、エコボランティアさんの教え方もていねいで親切だと大評判でした。
日々のエコライフの実践にとってなくてはならない、また、見た目もカラフルでおしゃれな、キッチンに彩りを添えるツール作りのハウトゥが学べ、参加者にとっては納得のイベントとなりました。
日時:2017/02/05 日曜日
大正区

牛乳パックを使った「ひっくりカエル」と「紙トンボ」、ルービックキューブのように、6面の色合わせをして立方体を完成していく途上でエコな学びが得られる「エコキュービック」の3点。とても楽しんでいる様子でした。
大阪に拠点を置き、日本に唯一存在するUNEP機関「UNEP国際環境技術センター(IETC:International Environmental Technology Centre)」と連携した出前授業が、鶴見区の焼野小学校6年生全児童を対象に開催されました。
日時:2017/01/13 金曜日
淀川区

最終回の今回は、地元グリーンコーディネーターの皆さんが普段使っている淀川区役所内の施設を活用し、プロセスを実際に具体的に体験していただきました。
日時:2017/01/12 木曜日
住吉区

最終回となる第3回目では、ワークショップを通して地域の環境美化に関する問題点の棚卸しや、今後に向けた課題の設定、解決策の策定などを参加者全民で考えてみました。
「環境問題を楽しく学べた」「子どもと一緒にエコについて考えさせられた」といった声が聞こえるなど、総じて参加者には好印象のイベントとなりました。
日時:2016/12/16 金曜日
淀川区

循環型堆肥づくりの前提となる知識習得を目的とした前回に引き続き開催された今回の講座で、参加者は、その知識をもとにした具体的な堆肥づくりについてのノウハウを学びました。