なにわエコスタイル
TURUMIコットンプロジェクト(第2回)
エリア:
鶴見区
 カテゴリ:
自然体験観察園
2019年07月20日 土曜日

TURUMIコットンプロジェクト2回目はみんなで、綿に支柱を立てました。

こうすることによって、風で倒れることを防ぎます。この日も前日の大雨で畑に水がたまり、数本の苗が倒れて葉にどろがついている様子をみんなで観察しました。

ぐっと奥まで差し込みます。

支柱は観察園の近くの竹を切ってつくり、苗を固定する紐は麻紐を使いました。
どちらも自然に還る素材です。

教室に戻ってからは「綿くり器」で種を取り除き、「カーダー」と「弓」でフワフワにして、糸にする前の「じんき」づくりをみんなで協力し合ってたくさん作りました。

「手作り紡錘車」を使って糸にしていきますが、これはコツがいりますね。
みんな真剣に綿が糸になっていく様子を見て、自分なりの「糸」を紡ぎました。
綿から糸へ糸から布へ。
次回は紡いだ糸でボタンやミニカバンを作ります。


◀宿題の「綿からできているもの」を発表してもらいました。たくさんの身の回りの物で自然の恵みを受けているのですね。