なにわエコスタイル
エコライフ実践講座 STEP3
エリア:
西区
2018年11月11日 日曜日

6月から始まったエコライフ実践講座もいよいよ最終回。
この日は、大阪ガスハグミュージアムのキッチンスタジオ集合です。
プログラムは、環境家計簿「なにわエコライフ」のチャレンジについての発表、ハグミュージアム見学、体験「はちみつを味わおう、はちみつで考えよう」などです。
午前、午後の2回開催でしたので、取り混ぜてご紹介します。

<環境家計簿「なにわエコライフ」>
今回初参加の方もありますので、その方には、エコボランティアの今西さんから環境家計簿「なにわエコライフ」の説明をしました。

3回通してご参加の方から、
「『なにわエコライフ』をやってみると、エネルギーの使用量や料金がはっきりわかるので、来月はココと、ココを減らそう、と具体的に目標を作れました」
「うちはペットがいるので、夏の間はエアコンをつけっぱなしです。この部分は削れませんが、他の所でできる努力をしてみました。各家庭に合ったエコライフ実践方法があると思います」
などの成果を発表いただきました。

<ハグミュージアム スマートエネルギーハウス見学>
ハグミュージアム内のスマートエネルギーハウスの見学ツアー。
ちょっと未来のおうちという想定で、エネルギーを創り、効率よく活用し、快適に暮らすための提案がたくさん盛り込まれています。

ストックルームもあります。
災害に備えて、家族が1か月過ごせるようローリングストックをしておきましょう。
これは地球温暖化への適応策のひとつ、「災害に備え、被害を最小限にする」考え方でもあります。

<エコライフに関連するキャンドルナイトの提案>
キッチンスタジオにもどると、はちみつの美味しそうな匂いが立ち込めていましたが、試食の前に、エコライフのおさらいです。

6月から連続参加のエコボランティア武田美智子さんから、エコライフのアイデアのひとつとして、「キャンドルナイト」の提案がありました。

空き瓶や、使わなくなったカップなどに、ろうそくを溶かして入れ、お好みの香りをつけたエコキャンドルを作ります。
ゆったりした気持ちのバスタイムや、くつろぎのひとときをこのエコキャンドルで楽しめば、電気エネルギーも節約できますね。

武田さんが作ってくださったエコキャンドルを参加者が一つずつ、いただきました。
おうちで使って楽しんで、次は自分でつくったりお友達に教えたりしてくださいね。

<はちみつを味わおう、はちみつで考えよう>
いよいよお楽しみのはちみつの時間です。
講師の鈴木菜穂子さんからはちみつで考える環境問題や、はちみつの活用方法についてお話を聞いた後、はちみつ専門店をされている村上真弓さんが作られたはちみつ活用実践の試食をさせていただきました。

今回のメニューは、はちみつとゴマのソースをかけた白玉、しょうがとはちみつのホットドリンク、焼きバナナ、焼きリンゴのはちみつがけ。

どれも自然の素材の味や香りとはちみつの甘味がぴったり合って、とてもおいしかったです。
参加者のみなさんには、頭も心もおなかも、満足して帰っていただきました。

<本日のエコボラさん>
今西朋子さん「環境家計簿『なにわエコライフ』は多くの方に習慣にしていただけるといいですね。今日はたのしくおいしく学びました。」