なにわエコスタイル
藍を育て、藍で染め、藍で学ぶ連続講座③
色とりどりの作品がならびました 
エリア:
鶴見区
 カテゴリ:
自然体験観察園
2017年11月12日 日曜日

今回は第3回「穂刈りしたでーと生物多様性・エネルギーのお話、作品発表会」でした。ECO縁日に来られた方も参加し、エコボラさんもたくさん参加し大賑わいとなりました。講師は、エコボラの北川ちえこさんです。

自然体験観察園で育てたタデ藍。種がついた穂を刈り取り、生葉染めに使える葉のついた茎を刈り取りました。

また、毎回定例で行っている「本日のタデ藍の畑で見られた生き物」もリストアップし、生物多様性の話やエネルギーの話を行い、参加者は興味津々な様子で聴いていました。

作品発表会では色々な作品が勢ぞろい。たたき染め作品も紹介されていました。その中には廃棄処分前で復活したTシャツやブラウスがあり、藍染の威力に驚かれていました。

模様だけでなく、色の濃さもそれぞれ違い、まさに生物多様性がここでも表現されていると実感できた講座でした。

参加者からも
  • 「藍を染めるということは、生物の力にも目を向けるということを教えてもらいました。私にとっては驚きです。自分で育てて、染めてみたいです」
  • 「むづかしいお話もやさしく教えてもらっただけでなく、藍染の楽しみの中で関連したので心に残った」
  • 「今までの3回の講座でやっていたことも、全て環境やエネルギーと関わっていたのに気づけたこと」
など、一般的に行われている染め講座とは違った内容が、環境への気づきにつながり好評でした。

主催:大阪市環境局
運営:環境事業協会・あだーじょ共同企業体