なにわエコスタイル
<レポート>こどもエコクラブ向け講座 “とっておきのゴシドウ~実践版~”
エリア:
鶴見区
2019年10月26日 土曜日

 10月26日(土)の午後、大阪市こどもエコクラブ向け“とっておきのゴシドウ~実践版~”講座が、なにわECOスクエア1階研修スペースで行われました。参加は、大阪府立大手前高等学校生物部・せいわエコクラブでした。

 講師は、全国こどもエコクラブの壁新聞道場の師範である、西谷寛先生(環境カウンセラー)です。まず、参加メンバーの自己紹介から始まりました。

 緊張もほぐれたところで、いよいよ講義に入りました。

 

 先生から教えてもらったポイントをふまえて、次は作品作りです。高校生は壁新聞で、小学生は絵日記で表現します。参加者は、あらかじめ課題とする環境学習のテーマを自分で考えてきました。そのため、みんなすぐにどんどんと書き進めていきます。

 

 作業時間が短くて完成途中でしたが、作った作品を発表して交流会を行いました。高校生は、生物部の活動を校外と校内に分けて壁新聞で紹介していました。小学生は、夏にエコクラブの行事で行った滋賀県の森づくりの活動(間伐・ごみ拾いなど)を絵日記で紹介していました。


  

 参加者は、事後のアンケートで、「壁新聞の作り方のポイントを知ることができた。」「いろいろ助言してもらいながら、絵日記を書くことができた。」「次は、水をどうやったらきれいにできるか、という講座があれば参加したい。」と書いてくれました。

 交流会(来年の1月か2月を予定)でまた再開できることを楽しみにしながら講座が終了しました。