なにわエコスタイル
「水素社会を感じよう!燃料電池バス体験試乗イベント」
2018年12月08日 土曜日

エリア:午前 花博記念公園鶴見緑地内「なにわECOスクエア」
         ~イワタニ水素ステーション大阪森之宮
    午後 おおさかATCグリーンエコプラザ
         ~舞洲工場(ごみ焼却工場)
2018年12月8日(土)午前の部10:00~、午後の部14:00~
(※午後の部は割愛して、午前の部のみレポートします。)

「水素社会を感じよう!燃料電池バス体験試乗イベント」は、環境にやさしい次世代の自動車として注目されている燃料電池(FC)バスに実際に乗って、見て、触れて、身近に感じてもらうためのイベントです。

「水素の性質について学ぶミニ教室」の後に、実際にFCバスに乗って、イワタニ水素ステーション大阪森之宮へ、施設見学に行ってきました。

(「水素実験教室(午前の部)」の様子)

大阪科学技術センター(OSTEC)の水素実験教室では、水素エネルギーを使って、紙コップのロケットを飛ばしたり、車を走らせたりしながら、水素のパワーと可能性を体験しました。
水素で動くミニカーに子どもたちも釘づけです。

実際にFCバスに乗って、森之宮水素ステーションへ向かいます!

イワタニ水素ステーション大阪森之宮に到着しました!

水素ステーション到着後、実際にFCバスに水素を充てんするところを見学しました。大人も子供も、めったに見ることができない光景に、興味津々です!

FCバスに水素を充てんした後は、水素ステーション内の施設で水素ステーションの安全対策等について学びました。

FCバスに乗って、なにわECOスクエアへ帰ってきました。

なにわECOスクエアに帰って来てからも、参加者の方はたくさん写真を撮られていました。