なにわエコスタイル
都島図書館「つくろう!ペットボトルの顕微鏡」
エリア:
都島区
 カテゴリ:
地域での環境学習
2018年08月20日 月曜日

8月20日に都島図書館でつくろう!ペットボトルの顕微を開催しました。
会場には次々に夏休み中の親子が集まってきました。
最初に都島図書館の井上有佐館長のごあいさつ。

本日の講師は、環境教育インストラクターの岩野豊治先生です。
資料を見ながら作り方の説明をしていただきました。

いよいよ顕微鏡を作り開始!
まず、ペットボトルのフタの中心にビーズの大きさにあった穴を開けます。
ケガしないように気をつけて…

大きさのあったビーズを選び、穴にビーズを押しこみます。
つるつるすべるので、脱走するビーズがいくつもあったようです。

プレパラートを貼り付けましょう。
今日のプレパラートは和紙。
思い思いの色や金糸の入ったものを選び、ペットボトルの口に貼り付けます。

できあがり!

光に向かって透かして見ると、和紙の繊維がくっきり見えます。

大人も子どもも思わず夢中で観察しました。

プレパラートは薄いもの(光を通すもの)であれば、葉脈やはなびらでもなんでもOKです。
気をつけることもあります。
「目を傷めるから、絶対に日光に向かって見てはいけません。」と講師からの注意に全員うなずいていました。
最後に、井上館長より都島図書館にある、ペットボトルのリサイクルやクラフトなどの本のご紹介もありました。