なにわエコスタイル
大阪市域生き物調査
住吉大社・住吉公園(住吉区・住之江区)編
エリア:
住之江区, 住吉区
2018年04月22日 日曜日

暑いくらいの良いお天気の中、今年度最初の大阪市域生き物調査が始まりました。
今回は住吉公園と住吉大社です。

住吉公園の入り口で、さっそくサギが出迎えてくれました。
木の上でじーっとして、何を狙っているのかな?

公園ではたくさんの木や草花、虫や鳥がみられます。
春の花がたくさん咲いて、とてもきれいでした。

木の幹にぴったり貼りついたガを発見!
よ~く見ないと、どこにいるか分かりません。

池ではカモがくつろいでいました。
公園内では、たくさんの家族連れがピクニックをしたり、ペットの散歩をさせたりと、思い思いに自然を楽しんでいます。
なんとハリネズミを散歩させているお兄さんも!

桜はほとんど散ったあとでしたが、地面にはソメイヨシノのさくらんぼがたくさん落ちていました。
残念ながらソメイヨシノ同士では種ができないので、接ぎ木で増やすしかないそうです。

子どもたちが池で魚を捕まえていました。
「これ、何ていう魚?」「あ、これは外来魚やね!」
いろいろ教えてくれるエコボランティアさんは、子どもたちにも大人気。

お弁当のあとは、住吉大社へ。
大きな木がたくさんあって、耳をすませばいろんな鳥の声が聞えます。

古い立派な木の周りには、瓦を再利用した囲いが作られていました。
こうやって落ち葉をためておくと、良い土ができるそうです。

池の石垣の隙間に、大きなヘビが隠れていました。
住吉大社の守り神かな?

6月に「御田植神事」が行われる田んぼでは、レンゲが花ざかり!
大きな鯉のぼりが悠々と泳いで、気持ちよさそうでした。

毎月1回の生き物調査、5月は平野・加美に出かけます。
大阪市内では貴重な田畑のある風景の中、いつもは見られない生き物がいるかも?!
ご案内はこちら → 見つけよう!まちの生き物 平野・加美(平野区)編
地図を片手に、生き物を見つけに出かけよう!