なにわエコスタイル
こどもエコクラブ活動発表交流会
「山田くん家のグリーングッドな一日」
エリア:
その他
2018年02月12日 月曜日

本年度の大阪市域 こどもエコクラブ 活動発表・交流会は、例年と趣を変え、大阪市域を中心に環境活動を行うボランティアグループ、NGO/NPO、企業、学校等で構成される「おおさか環境ネットワーク」加盟団体や、大阪市環境局が開催する事業の運営補助や技術的支援を担っている「大阪市エコボランティア」各チームの皆さんと一緒になって行いました。

 開催場所は、株式会社ヤマダ電機LABI1 なんば 4階イベントスペース LABI Gate。「山田くん家のグリーングッドな一日」というイベント名のもと、サステナブルでグリーングッドなコトばかりを考えている山田一家になり代わり、参加者のみなさんにはさまざまなグリーングッドなことを体験・体感・実感してもらおうということで、会場は出展内容に応じて「食」「森」「街」「海」というテーマごとのゾーニングがなされ、それぞれのテーマに沿った演目が実施されました。また、3つ以上のブースを訪問した方には、山田くん家のキャラクターを使った缶バッチかジュースがもらえる「シールラリー」も実施しました。

 こどもエコクラブからは4団体が参加。うち3団体がステージで活動を発表すると共に、大阪府立大手前高等学校生物部は、公益社団法人 大阪自然環境保全協会とのコラボで、チリメンジャコの中からいろいろな海洋生物の子どもたち(モンスター)を探し出し、その多様性や不思議を体験していただこうという「チリメンモンスターを探せ!」を、大阪市立旭陽中学校自然科学部は、水際に繁茂し様々な生き物の棲みかや環境浄化に重要な役割を占めるヨシを使った「笛作り」を、大阪市立新北島中学校科学技術部は、ポスター掲示を通した来場者とのコミュニケ―ションや「アリの標本づく」を、せいわエコクラブは壁新聞を通した来場者とのコミュニケ―ションを実施しました。

 来場者の皆さんは、子どもたちの熱心なパフォーマンスに大いに関心を寄せると共に、小さな子どもを連れた親子からは、お兄ちゃんやお姉ちゃんから教えてもらえるという、その身近さが大変好評でした。


せいわエコクラブ「壁新聞」


新北島中学校科学技術部「アリの標本づくり」


旭陽中学校自然科学部「笛作り」


大手前高等学校生物部「チリメンモンスターを探せ!」


大手前高等学校生物部活動発表


旭陽中学校自然科学部活動発表


新北島中学校科学技術部活動発表


#こどもエコクラブ

<主催>大阪市環境局
<運営>あだーじょ・環境事業協会