なにわエコスタイル
にしなり ジャガピーパーク冬の観察隊
冬のジャガピーパークは、どうなっているのだろう?
エリア:
西成区
 カテゴリ:
地域での環境学習
2017年12月09日 土曜日

夏に引き続きジャガピーパーク第2弾の今回は冬のバージョンで、生き物の活動もおとなしくなった冬場の観察隊でした。冒頭で前回の振返りをした後、今回は落葉の収集や木の実、生き物探し、温度調査を行いました。集めた落葉や木の実は教室に持ち帰り、先ずは顕微鏡(ファーブル)で観察。次に各人各様の落葉ノートを作成し、探し出した生き物や調べた温度と併せて発表することで、みんなで冬のジャガピーパークの植生物や環境について情報共有しました。同じ種類の樹木でも異なった形状の葉っぱがあることは、参加者にとって新鮮な発見となりました。


こんなの発見したよ

顕微鏡(ファーブル)での観察に熱中する子どもたち

落葉ノートを発表しました


生き物調査を発表しました



主催:大阪市環境局
運営:環境事業協会・あだーじょ共同企業体