なにわエコスタイル

ロゴの説明
お買い物ゲームで、エコを学ぶ
エリア:
天王寺区
 カテゴリ:
地域での学びの場
2017年10月07日 土曜日

バーチャルスーパーは参加者に日常の買物をしてもらって、その結果が計算されグラフ化された結果が紙ベースで出力される仕組みの買物ゲームです。地産地消を推奨し、食品の輸送やごみの分別をする事で二酸化炭素の排出量を削減。講師から一般参加者に丁寧にアドバイスされていました。講座に参加した方の中にはこのフェアに出展している方で薬学生の方もいましたが、「面白いですね生活の中での二酸化炭素の排出のことは考えてもみなかった」とおっしゃる方や「買物をする時は産地を国産で大阪の物を探す」とおっしゃる方もいて、「地産地消」を自らされている方が多いと感じました。又、小学生の中では「家族であまり食事の買物をしたことがなく、食材は家に持って来てもらうのでどういう物を買えばいいのかわからない」というお子さんが多いのに驚いてしまいました。生活のスタイルが変わりつつある様です。

講師の説明に熱心に聴き入る参加者



<主催>大阪市環境局
<運営>環境事業協会・あだーじょ共同企業体